革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/11/18

Chanelシャネル マトラッセ 傷修理 色褪せ補修

こんにちは!

革研究所 浜松店です!

 

Chanelシャネル マトラッセ 傷修理 色褪せ補修

を紹介させていただきます♪

 

今回のご依頼品ですが、

赤のマトラッセ ラムスキンのバッグです♪

 

こちらのバッグは、きれいで鮮やかな赤ですね(^^♪お客様とすごくお似合いです。

少しご愛用感があって、全体的に色褪せしています。

角も軽いスレ傷や色剥げが見られます。

でもまだまだきれいに復活できますよー

 

バッグを拝見させて頂きましたところ、角部分などはスレてしまっていましたが、

まだまだ修復可能な状態でしたし、色あせは染め直しをすることでお色をしっかりと出すことが出来そうです。 

お客様にご説明をさせて頂き、ご依頼を頂く事になりました~(^^)

 

ラムスキンのバッグはメンテナンスは少し経験が必要かと思うのですが、

革研究所ではラムスキンのバッグやお財布の修理の実績が多数ございます。安心してご依頼をしていただければと思います(^^) 

お気軽にご相談してくださいね~!!

 

今回のご依頼ですが、ショルダーの部分も染め直ししてほしいとのことでした。

ショルダーは金具と絡んでいますので、一回外して、色直しをしてから編みなおしさせていただきます。

 

さて、施工のご紹介です。

一回ショルダーを外ししてから施工をいたします。

まずは全体をクリーニングしていきます。

柔らかい布にクリーナーを塗布して、全体をやさしく拭いていきます。

あまり強めのクリーニングをすることは出来ないんですが、これだけでもかなり汚れが落ちました。

 

クリーニングが終わったら、スレを修復していきます。

角部分のスレはスレの補修材を刷毛を使って塗布して、毛羽立ちをおさえていきます。

毛羽立ちをおさえてから、乾燥させて、研磨をします。

この工程を何度か繰り返すことでスレてしまった部分がキレイになります。

フラップの角の部分などのスレてしまっていた部分も同じ工程を施工し、スレを修復しました~(^^) 

とてもキレイに修復することができたかと思います。

 

スレの修復が終わったら、染めの工程に入ります。

1回目の染めの塗料にスレの補修材も調合して、少しでもキズを埋めていくようにしました。

これで細かいスレも消してしまう事ができるんです(^^) 

一回目の染めの工程ではしっかりと革に密着するような塗料を使います。

ここでの塗料をしっかりと施工することで塗料が剥がれたりしないようになります!!

少しづつ丁寧に塗料を塗布していきます。ムラになりやすいので、注意しながら施工を進めていきます。

乾燥させながら状態をみて施工し、全体をキレイに染めることができたかと思います!!

 

1回目の染めのがキレイに出来たら、ここで一度乾燥させ、もう一度状態を確認します。

とてもい感じにお色が入りました(*^-^*)

 

次は仕上げの染めの工程に入ります。

色止め、ツヤの調整、最終の着色をしていきます。ツヤは半艶くらいで仕上がるように塗料を調合しました。

半艶くらいにしあげることで、CHANELシャネルのマトラッセの高級感を出すことができます。

ツヤの雰囲気でかなり変わりますので、うまく調整させて頂けたかと思います(*^-^*)

 

スプレーを使って全体を染めていき、しっかりとお色を入れていきます。全体に塗料を塗布出来たら、これで施工完了です~

 

施工後の写真をご確認ください:

いかがでしょうか~?

角の傷の部分がちゃんと直されて、色もきれいなブラックに復活しました!

ラムスキン特有な艶も再現できたと思います。肌触りも柔らかくて滑らかです。

全体が均一なお色になってとてもいい感じになったと思います~(*^-^*)

お客様にもとても喜んでいただく事が出来ました~(*^-^*)

ご依頼を頂きましてありがとうございました~!!

 

ラムスキンのバッグのトラブルでお困りの方は革研究所浜松店までお気軽にご相談くださいね~!!

 

当店は、バッグやソファの修理を全般的に行っております。

ソファのひび割れ補修、カラーチェンジ、スレキズ補修、染め直し補修も行っております。

バッグ表面の汚れや角スレの修理のほか、

メンテナンスクリーニング、金具の傷修理や、ベルト交換、内側の張替え、

ベルトの編み直しなど、バッグの修理に関することなら、

なんでもご相談ください!

 

現在、バッグのリメイクも大好評受付中です♪

お使いのバッグが大きすぎたや持ちにくく感じる、

あるいは本来の形や色に飽きちゃいました。

それか、バッグを財布にリメイクしたい!

という要望もご対応できます!

 

シャネルChanelのバッグ、財布の修理は革研究所浜松店にお任せください~!!

 

革研究所浜松店では、買取大吉浜北本沢合店も併設しておりまして、

修理以外、買取もご相談できます!

 

お客様のご要望、ご予算によって、

修理するか、どこまで修理するか、リメイクするか、メンテナンスするか、

あるいは売却か、

総合的にご案内できます。

 

 

見積もりやご相談は無料です。

お気軽にお問い合わせください(*'▽')

 

今回の依頼品のシャネル マトラッセは、

シャネル一番の定番人気商品です。

今回は赤のマトラッセでしたが、シャネルと言えば、一番人気はやはりブラックですね(^^♪

革研究所浜松店はカラーチェンジもできます。

 

シャネルは1910年にガブリエル・ボヌール・シャネル(ココ・シャネル)が、パリで帽子店を開業したのが始まりです。

当時の女性のファッションはコルセットが主流で、ココは窮屈なファッションに一石を投じました。

ココは男性用下着の素材であるジャージー素材で女性用のパンツを作り、多くの女性たちが窮屈なファッションから解放され、女性の社会的地位向上に貢献しました。

ジャージー素材はシルクやサテンよりも安く仕入れられるため、安価で購入でき女性たちに広く受け入れられました。

また、シャネルは喪服以外で黒色を取り入れた初めてのブランドです。

シャネルが登場した1920年代には黒一色のドレスを発表し、喪服の色というイメージを大きく覆しました。

1971年にココは87歳で亡くなってからもシャネルの哲学を受け継いでいます。

こういった経緯もあって、黒はシャネルを代表する色でございますね。

 

女性に大人気なシャネルバッグの全般的な修理や買取はぜひご相談ください!

傷んでしまって諦めていた製品も、
当店の技術で復活させてみませんか?

施工に関してやお見積りの他、
どういった製品が長く使っていけるのか、
こんなことはできる?
売ったらいくらかな?などなど、
どんなことでもお気軽にご相談ください♪

ラインで写真を送るだけで簡単に見積もりができます!

 

 

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 浜松店

代表者 山本 唯芝
所在地 静岡県浜松市浜名区本沢合782−1セシル1階
TEL 0120-150-903

対応エリア
静岡県 浜松市近隣エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP