革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/07

かばん修理 ボッテガ・ヴェネタ バッグ スレキズ補修

こんにちは!

バッグソファー修理、革小物修理の革研究所 浜松店です!

 

今日は

ボッテガ・ヴェネタ バッグ スレキズ補修

を紹介させていただきます♪

 

こちらは今回のご依頼品です↓↓↓

ボッテガといえば、

シャネルやヴィトンのようにロゴの目立つデザインがありません。

短冊切りにしたカーフスキンやラムスキンを、職人が「イントレチャート」と呼ばれる技法で編み込んだデザインが特徴ですが、

今回のご依頼品は、そういった特徴なデザインではなく、

ヴィンテージモデルで、シンプルなレザーバッグになっています。

珍しいデザインですので、長く使いたいですね。

こちらのバッグは、角のスレ傷や、色剥げが気になりますねー

ですが、ちょっとのスレ傷や色剥げ、汚れがあったとしても、製品としてまだちゃんとしていますし、

破れたりもしてないですので、このまま捨てちゃうのももったいないですねー

そんな時は革研究所浜松店にご相談くださいm(__)m 

革製品がキズを補修したり、お色を塗り直ししたりできるんですよ~!! 

レザーリペアはまだまだ知らない方も多いみたいです。

大切なものを知らない業者に預けるのも怖いという意見も聞いたことがあります…(*_*) 

少しでも安心していただけるためにできるだけ多くの施工事例をホームページに載せさせていただいておりますので、ご覧くださいね~m(__)m

 

補修ができないものや、補修金額が予算オーバーのものも、場合によって買取ができますので、

当店は買取大吉浜北本沢合店も併設していまして、ご気軽にご相談くださいm(__)m

買取にご興味がある方はこちらへご覧ください⇒https://kaitoridaikichi-hamakita.com/gallery-top/

 

革製品は完全に破れてからだと、補修ができなくなってしまいます。

張り替えでしか修理できませんので、破れる前に早めにご相談ください!

 

施工ですが、いつもと変わらない手順で行っていきますが、

こちらのバッグというと、

特に難しいのは、色の再現ですね。

そこを気にして施工を行っていきます。

 

まずはいつもと同じようにクリーニングと研磨で下準備を行います。

全体的な経年の汚れを落とすためのクレンジングをさせていただき

、次に弊社専用のクリームで保湿・栄養補給の下処理をしっかりと行いました。

 

クリーニングで、表面の汚れが落ちるだけでなく、

革に入っている深い汚れや余計な染料も浮いてきます。

革も皮膚ですので、毛穴に入ってる汚れをきれいにすることで、

後から色がきれいに乗せることができます。

 

クリーニングの後は角部分のスレを補修します。スレが少し酷いので、このままでは色直しができません。

この革表面が破れている状態で直ぐに補色補修を行ってしまうと仕上がりが悪くなってしまいますので、

細部の擦れ剥げや破れたり欠損してしまっている革に破れ補正の補修を行なって、革表面を可能な限り整形させていただきます。

キズの補修材をスレた部分に塗布して乾燥、研磨をして補修しました。

 

スレの補修が終わったら、次は染めの工程に入ります。

先ほどご紹介したように、こちらの色は難しい色となります。

なんども作り直しを重ねて、ようやく近い色を出すことができました!

 

一回目の染めの工程ではしっかりと革に密着するような塗料を使います。

ここでの塗料をしっかりと施工することで塗料が剥がれたりしないようになります!!

 

少しづつ丁寧に塗布していき、ムラにならないように作業をしていきます。

全体がムラなく染まったら一回目の染めが完了です~!!ここで一回しっかりと乾燥させます(*^-^*)

 

しっかりと乾燥させて、ムラが無いことを確認したら、最後の染めの工程に入ります~(*^-^*)

 

最後の工程では色止め、ツヤだし、最後のお色の調整の工程になります。

ここでしっかりと色止めをすることで服などに色が移ったりすることを防ぎます。

最終的に全体のお色の統一感を整えていきます。

 

施工後の写真をご確認ください。

いかがでしょうか?

角の傷の部分がちゃんと直されて、色も元の色とほぼ同じく再現できました!

全体が均一なお色になってとてもいい感じになったと思います~(*^-^*)

お客様にもとても喜んでいただく事が出来ました~(*^-^*)

ご依頼を頂きましてありがとうございました~!!

 

革バッグの修理でお困りの方はぜひ革研究所浜松店へご相談ください!

当店は、バッグの修理を全般的に行っております。

表面の汚れや角スレの修理のほか、

メンテナンスクリーニング、金具の傷修理や、ベルト交換、内側の張替え、

ベルトの編み直しなど、バッグの修理に関することなら、

なんでもご相談ください!

ボッテガバッグ、財布小物の修理は革研究所浜松店にお任せください~!!

 

今回依頼をいただいたボッテガヴェネタのバッグですが、

なめ革の手触りの良さとシックな色味がどのようなファッションに似合います。

現在は革素材以外にも、ナイロン素材のヴェネタシリーズやビーズバッグも展開しています。

ボッテガはグッチグループの傘下となり、潤沢にある資本でアイテム数を増やし、世界各国に店舗を出店しました。

新コンセプトの旗艦店「ボッテガ・ヴェネタ青山」と、アジア最大級といわれる旗艦店を銀座に開店しました。

クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーがボッテガの知名度向上に貢献し、退任後に就任したダニエル・リーは「カバ」などの代表作を発表しました。

ボッテガはブランドのロゴが入っていないことが特徴で、ブランドの頭文字を用いたシグネチャーを多用するエルメスやグッチなどにはない魅力があります。

 

こんな職人の技術が詰まったハイブランドのボッテガですが、

お値段も正直高いものが多いです。

ですがその分とても品質が高く、

職人の技術の結晶ともいえる製品だと思います。

 

そんな製品の修理も、

革研究所は自信をもってお受付いたします。

修理の実績をたくさん上げていますので、参考したうえで是非ご依頼ください。

 

また、革研究所浜松店は買取店も併設しております。

 

ご要望に応じて、

どう直すのか、どこまで直すのか、

または売却するのか、

総合的なご案内が可能でございます。

 

見積もりやご相談は無料です。

お気軽にお問い合わせください(*'▽')

 

傷んでしまって諦めていた製品も、
当店の技術で復活させてみませんか?

施工に関してやお見積りの他、
どういった製品が長く使っていけるのか、
こんなことはできる?
売ったらいくらかな?などなど、
どんなことでもお気軽にご相談ください♪

ラインで写真を送るだけで簡単に見積もりができます!

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 浜松店

代表者 山本 唯芝
所在地 静岡県浜松市浜名区本沢合782−1セシル1階
TEL 0120-150-903

対応エリア
静岡県 浜松市近隣エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP