革修理ブログ

革修理ブログ

全てのブログ

2023/12/15

ルイヴィトン Louis Vuitton ルララ ヌメ革修理 シミ直し

こんにちは!

革研究所 浜松店です!

 

今日は

ルイヴィトン Louis Vuitton ルララ ヌメ革修理 シミ直し

をご紹介させていただきます(*^-^*)

 

今回の依頼品はこちら、ルイヴィトンのルララは、収納力も抜群で丸みのあるかわいらしいかばんですね(^^♪

  

他の部分はまだまだきれいですが、

ヌメ革の部分は全体的にシミが付いてしまっていますね。

 

ヌメ革の特徴として、強度が普通の革より強い一方で、とてもシミがでやすく、汚れも落としにくいです。

特に湿気に弱く、保管するだけでシミができてしまいます。

取り扱いやメンテナンスがとても難しい材質になります。

革研究所浜松店はヌメ革バッグの実績も多数ございます。

傷んでしまったヌメ革は染め直しをすることによって、キレイに復活させることができますよ~(*^-^*)

ご依頼いただき、ありがとうございますm(__)m

 

ヌメ革とは牛皮を植物タンニンに長時間漬け込んで鞣したもので、時間をかけて鞣しているため堅牢性が高い革です。
使っていくうちにだんだんと柔らかく手に馴染みます。

表面加工がほとんどされていないため、他の革に比べるとキズが目立ちやすい・水に弱いなど繊細な革ではありますが、使っていくと艶のあるアメ色に変化する過程を楽しむことができます。

 

まずはいつも通りにクリーニングをしますが、

ヌメ革は液体のクリーナーを使ってクリーニングをすると、

またシミができてしまいます(^-^;

なので、クリーム系のクリーナーとブラシで少しずつ汚れを落としていきます。

それでもヌメ革は完全に汚れが取られないものです。

見極めながらクリーニングをしていきます。

 

クリーニングが終わると、染料を使っての染めの工程です。

染料を使って革自体を染めてしまいます。今回は、元の色と近いベージュ色に仕上げたいですので、

しっかり色を作らせていただきました。

ほかのところに色が入らないように丁寧にスプレーしました。

 

染料で革を染めたら、次にスレやキズなどを補修して、塗料のノリがよくなるように下地処理をします。

 

キズの補修材を全体に塗布し、毛羽立ちなどをおさえ、キズは研磨をしてキレイな表面に整えます。

ヌメ革そのままでは塗料のノリが悪いので、この工程はかなり重要です。

 

持ち手などは特に丁寧に染め残しの無いように施工します。 

すべてがキレイに染まったらこの工程は完了です(*^-^*)

 

しっかりと乾燥させたら、仕上げの工程です(^^) 

色止め、ツヤだし、最後のお色の調整です。時間をかけて調色をして、丁寧に染め直しをさせて頂きました~!!

 

それでは、仕上げの写真をご覧ください:

いかがでしょうか?

ヌメ革のシミが消えるだけで、全体的な印象がかなり変わりましたね!

新しいバッグのように甦りました!

これでこの先も長く使いそうですね~

お客様も喜んでくれました(^^♪

ご依頼いただき、ありがとうございましたm(__)m

 

・ヌメ革の手入れ

ここでヌメ革の手入れの話を少しさせていただきます。

ヌメ革の手入れですが、やはりこまめに行わない行けません。

何より一番だめなことは、

タンスにしまいっぱなしすることですね。

空気に含んでいる湿気が知らないうちに水滴になって、

またヌメ革のシミになっていきます。

しかし、使い方やお手入れの仕方によって「自分だけの風合い」を作り出すこともできるため、

長く愛用される方も多い革素材です。

 

まずヌメ革の商品を購入されたら、

事前の手入れを行うことをおすすめします。

使い始める前にクリームを塗っていただくと、表面を保護し汚れが付きにくくなります。

クリームを塗る際は少量をクロスに取り、薄くゆっくり馴染ませていきます。
かぶせタイプの長財布や折り財布など、革に折り目があるアイテムの場合は平面から折り目の部分へ伸ばしていくことがコツ。

革へ潤いを与えひび割れ・乾燥を防ぐことは、長く使うために大切です。

 

そして防水スプレーを吹きかけることで、革表面を保護します。
水分だけでなく、ほこりや油分などの汚れ防止にも効果的です。

特に表面に油分が少ない使い始めのヌメ革は、水に濡れてしまうと高確率でシミが出来てしまいますので、

最初に防水スプレーをかけておくことで安心してお使いいただけます。

 

使い始めたら、定期的に柔らかいブラシで汚れを取ったり、クリーム塗ったりすると、

だいぶシミの発生が防げます。

 

また、湿度の高い日本の気候はカビが発生しやすいため、長期間使用しないときの保管方法には注意しましょう。

保管時には、以下のことをおすすめします。

・ブラシやクロスで汚れを取り除いておく。
・乾燥を防ぐためにクリームで保護する。
・定期的に革の状態を確認し、時々風通しの良い場所に出して湿気を取り除く。

一度カビが発生してしまうと除去が困難なため、予防を心掛けておくことが大切です。

 

ヴィトンバッグのトラブルでお困りの方は革研究所浜松店までお気軽にご相談くださいね~!!

 

当店は、バッグやソファの修理を全般的に行っております。

ソファのひび割れ補修、カラーチェンジ、スレキズ補修、染め直し補修も行っております。

バッグ表面の汚れや角スレの修理のほか、

メンテナンスクリーニング、金具の傷修理や、ベルト交換、内側の張替え、

ベルトの編み直しなど、バッグの修理に関することなら、

なんでもご相談ください!

 

現在、バッグのリメイクも大好評受付中です♪

お使いのバッグが大きすぎたや持ちにくく感じる、

あるいは本来の形や色に飽きちゃいました。

それか、バッグを財布にリメイクしたい!

という要望もご対応できます!

 

 

革研究所浜松店では、買取大吉浜北本沢合店も併設しておりまして、

修理以外、買取もご相談できます!

 

お客様のご要望、ご予算によって、

修理するか、どこまで修理するか、リメイクするか、メンテナンスするか、

あるいは売却か、

総合的にご案内できます。

 

見積もりやご相談は無料です。

お気軽にお問い合わせください(*'▽')

傷んでしまって諦めていた製品も、
当店の技術で復活させてみませんか?

施工に関してやお見積りの他、
どういった製品が長く使っていけるのか、
こんなことはできる?
売ったらいくらかな?などなど、
どんなことでもお気軽にご相談ください♪

ラインで写真を送るだけで簡単に見積もりができます!

 

 

 

革修理対応製品

革修理対応製品

革鞄・バック

革鞄・バック

革の鞄(カバン)のスレやキズの補修、変色、革の色を変える(カラーチェンジ)までお任せください。VUITTON(ヴィトン)GUCCI(グッチ)等の革ブランド品も修理可能です。

財布・小物

財布・小物

革財布(サイフ)、小銭入れ、キーケース等の小物全般の革のキズ、スレをキレイに修理いたします。CHANEL(シャネル)GUCCI(グッチ)等のブランド革小物の修理ももちろんOKです。

革靴・ブーツ

革靴・ブーツ

男性物の革靴、女性物のブーツ等靴の革修理(スレ・キズの補修)も可能です。思い出の有る革靴等の修理はお任せください。もちろん革靴の修理に関してもブランド靴の修理可能です。

革衣類

革衣類

革ジャン、革コート・革のジャケット等革衣類の修理、補修もお任せください。部分的なスレ・キズの補修から、革全体の色を変える(カラーチェンジ)まで幅広く対応いたします。

ソファー・椅子

ソファー・椅子

革ソファー・革の椅子の修理実績も多数ございます。痛み具合によっては革の張替えも可能です。カッシーナ(CASSNA)等のブランドソファー修理もお気軽にご相談ください。

自動車内装

自動車内装

自動車の革ハンドル・革シートの修理(リペア)も可能です。ベンツ・BMWなどの高級外車から、国産の自動車まで数多くの修理実績がございますのでお気軽にお問合せください。

店舗情報

革研究所 浜松店

代表者 山本 唯芝
所在地 静岡県浜松市浜名区本沢合782−1セシル1階
TEL 0120-150-903

対応エリア
静岡県 浜松市近隣エリア

当店の革修理は革の事を知り尽くした熟練職人が一点一点丁寧に修理・補修いたします。思い出の有る大切な革製品を安心してお任せください。また、ブランド品(VUITTON・CHANEL・GUCCI等)の革修理経験も豊富です。革のキズやスレの補修はお任せください。革修理の御見積やお問合せはもちろん無料です。

PAGE TOP